ロゴ

気持ちの整理をつけることにもなるのが遺品整理

和室

遺品整理とは何か

遺品整理とは故人が残した遺品を整理することであり、不要なものを廃棄し綺麗にする掃除とは異なります。遺品整理には親族が故人への気持ちの区切りをつけるという意味があります。そのため期限はなく、遺族が納得の行く時期に行うことが大切です。また親族の了承を得ずに遺品整理を行ってしまう場合、トラブルの元となるのできちんと相談することが大切です。

ダンボール

体力や時間も使う遺品整理は業者へ

故人への気持ちに区切りをつける遺品整理は親族にとって精神的にも肉体的にも負荷のかかる作業となります。そのため親族の負担を減らすために遺品整理を業者へ依頼する人も少なくありません。また家財の量や部屋の広さ、精神的な状態などによっては多くの時間がかかる場合もあるので、親族だけで行わず業者へ依頼することも大切です。

福岡で遺品整理のことならこちら★

自分でする場合と業者へ頼んだ場合の作業効率の違い

自分で遺品整理を行った場合の作業効率

自分で遺品整理を行う場合、故人への気持ちから肉体的だけでなく精神的にも負担がかかります。そのため遺品整理業者に依頼するよりも多くの時間がかかることもあります。

遺品整理を遺品整理業者に依頼した場合の作業効率

遺品整理は遺族にとって精神的にも肉体的にも労力を必要とするものになります。そのため遺品整理業者へ依頼する人も少なくありません。また遺品整理業者へ依頼した場合、1日で終わることが多いとされています。

遺品整理を依頼した場合の費用の違い

遺品整理を業者に依頼した場合、依頼する業者によって料金は異なりますが1部屋30000円から80000円程だとされています。また家財の量や設備によっても料金は変わってしまいます。業者に依頼する場合、事前に電話やインターネットを通して簡単に見積もりできる業者も少なくないので、複数の業者を比較した上で慎重に選ぶことが多いです。

依頼前に知っておくべし!遺品整理に関する疑問

ダンボール

近所の目立ちになりたくない場合の対処方法は?

遺品整理は場合によっては大掛かりなものとなるので近所の目立ちになってしまうことも少なくありません。そのため多くの遺品整理業者では室内で分別作業を行ない、荷物を運び出す時間を短縮するなど対策をとっています。

部屋の臭いや害虫への対応は?

遺品整理を行う際や行う前に、害虫駆除や殺菌消息などを行う業者が多いです。その際、害虫駆除と殺菌消毒には消毒を散布するため重要な遺品は移動させておくことが大切です。

仕分けた遺品はどうなるのか?

遺品整理をしたあとの遺品は、遺族に渡すものと処分をしてしまうものに分けます。遺族に渡すものは作業終了後に渡されることが多く、処分は遺品整理業者が行ってくれます。

良い遺品整理業者の選び方は?

遺品整理業者には悪徳業者もいるため、きちんと選ぶことが大切です。選ぶ際のポイントとして見積もりの際の担当者の印象や、担当者が遺品整理に必要な資格を持っているかなどがあります。

作業への立ち会いは必須か?

多くの遺品整理業者では遺品整理の際に親族の立ち会いを必須としていません。そのため終わり次第、連絡をする体制をとっています。また遺品整理業者に相談することで親族が立ち会いや一緒に仕分けをすることも可能です。

良い業者かどうか見極めてから依頼!

遺品整理を行う業者には悪徳業者もいるため、注意する必要があります。悪徳業者の場合、個人情報の流出や料金を多く取られることもあるため、比較サイトや口コミなどで事前に調べておくことが大切です。

神戸で遺品整理を進めているならサイトをクリック! 西宮で好評な遺品整理業者

広告募集中